運動器リハビリ

腰痛、肩こり、ひざ痛、足が動きづらくなってきた。
お困りではありませんか?

~どんな人がリハビリに来ているの?~

運動器リハビリ画像

「歩くときに膝が痛い。」、「掃除をするときに腰が痛い。」、「腕を挙げると肩が痛む」など普段の生活のなかで筋肉や関節に痛みを訴える方や、「筋力が落ちて歩くと疲れる。」、「歩くと転んでしまう」などの体力の低下を訴える方を対象に行っています。

リハビリの流れは?

  • リハビリ画像1

    ① 評価:患者様の困っていることを把握し、現在の身体の状態を見ていきます。

  • リハビリ画像2

    ② リハビリ:問題のある身体の部位に対して、徒手や運動、器械などでアプローチしていきます。

  • リハビリ画像3

    ③ 生活指導:治療効果を維持できるよう、日常生活での注意点や、自宅での運動を提案していきます。

当院リハビリテーションの特徴

1 運動器具、物理療法の充実

エルゴメーター、トレッドミル、レッドコードなど様々な運動器具により、患者様の体力向上を目指します。超音波治療器、牽引装置、低周波治療器などを用いて患者様の痛みの軽減を図ります。

  • リハビリ画像4

    天井から吊るされたロープを使用し、リラクゼーション、筋肉トレーニング、ストレッチなどを行います。

  • リハビリ画像5

    超音波刺激により炎症を抑えたり、筋肉や血管を温め、筋肉の凝りを改善していきます。

  • リハビリ画像6

    腹部を引っ張ることで筋肉の凝りや、神経の圧迫などを改善していきます。

2 転倒予防評価

定期的にバランステストや歩行速度、筋力などを測定・強化していくことで転びにくい体を目指します。

  • リハビリ画像7
  • リハビリ画像8
  • リハビリ画像9

心臓リハビリ(心リハ)

心臓に持病を持った患者様を対象としたリハビリです。心臓の病気により入院し、安静生活を続けたことで体力の低下や体の調節の働きが低下します。退院後、日常生活で息切れがしたり、趣味や行動範囲が制限されてしまいます。これらに対し多くの専門職が関わって運動療法や、生活指導、カウンセリングなど一人ひとりの状態に応じたプログラムを提案し、実施します。

心臓リハビリテーションの効果

  • 運動能力・体力の向上により日常生活で心不全の症状(息切れ)などが軽くなる
  • 筋肉量が増えて楽に動けるようになり、心臓への負担が減る
  • 心臓の機能が良くなる
  • 血管が広がりやすくなり、身体の血液循環がよくなる
  • 動脈硬化が進みにくくなり、既にできている動脈硬化性プラーク(血管の壁の盛り上がり)が小さくなる
  • 血管が広がって高血圧が改善する
  • インスリンの効きがよくなって血糖値が改善する
  • 自律神経が安定して不整脈の予防になる
  • 運動を行うと仕事や家庭生活、社会生活の満足度が高くなる)
などが挙げられています。

心臓リハビリテーションの必要性

心臓リハビリテーションは入院中、退院後と一生涯にかけて運動療法を継続して行うことで効果を発揮します。退院後は心臓・血管の病気の再発予防や再入院しないことを目標に運動療法を継続していただくことが重要です。
また、自宅やスポーツジムで行う運動と異なり、多職種のスタッフがそれぞれの患者さんの状態を把握し、病気を理解した上で安全で効果的な運動療法・生活指導などを提供します。

当院心臓リハビリテーションの流れ(運動療法)

運動療法は安全面を考慮して設定した運動負荷量でリハビリを行っております

  1. 問診や血圧測定等を行い、健康状態を確認します。
  2. 準備運動を行い,心電図モニターで安全を確認しながら有酸素運動や筋力トレーニングを行います。
  3. 運動終了後クールダウンを行い、再度血圧等状態を確認します。
  • リハビリ画像10
  • リハビリ画像11
  • リハビリ画像12

1)日本心臓リハビリテーション学会ホームページ
当院のリハビリの特色や治療の一例をご紹介させて頂きました。
ぜひ一度見学にいらしてください!

リハビリについてのご相談は当院長またはリハビリスタッフに一度お声掛け・ご相談ください。
医療法人墨医院 リハビリテーション科