健康診断について

健康診断について

病気の中には、生活習慣病や悪性腫瘍などのように、初期段階では目立った症状が現われないものが沢山あります。風邪症候群や急性胃腸炎などのように目立った徴候が見られるものも少なくありませんが、自覚症状がなく、密かに進行していき、手遅れになってしまうケースが見られます。

健康診断は、こうした事態をできるだけ避け、早期発見・早期治療に繋げていくために行われます。
糖尿病や高血圧、脂質異常症といった生活習慣病は、診断の遅れが心臓病や脳卒中などの重大な合併症につながりますので、定期的な健康診断を受けて適切な診断治療を受けることが大切です。

また、定期的ながん検診は早期にガンを発見するうえで非常に重要です。無症状の進展していない時期にがんを診断して早期介入することががん克服につながると考えております。

当院では各種健診を行えます

当院では、特定健康診断(国民健康保険の特定健康診査受診券、後期高齢者医療健康診査受診券、社会保険の特定健康診査受診券(集合B)など来院時には受診券をお持ちください。)や一宮市がん検診(大腸、肺、胃X線、胃内視鏡、前立腺、喀痰、結核など)、その他定期健康診断(企業雇用時、企業定期)など各種健康診断に応じております。
ご自身の健康状態をきちんと知り、適切な健康管理をするため、各種健診を上手にお役立てください。

当院では特殊なものを除き、予約なしで当日でも健診を受け付けております。ご希望の方は診療時間内に直接お越しください。
(胃がん検診の内視鏡検査とバリウム検査に関しては予約が必要ですので電話や来院での予約をお願いいたします。)

健康診断で行われる主な検査項目

基本的な項目
  • 既往歴の調査(これまでに罹患したことのある病気、服薬歴、喫煙習慣など)
  • 身体診察(自覚症状や他覚症状の有無)
  • 身長、体重、腹囲の検査
  • BMIの測定(体重と身長に基づく肥満度)
  • 血圧の測定
  • 肝機能検査(AST、ALT、γ-GTP)
  • 血中脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロールなど)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはヘモグロビンA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無)
など
詳細な項目
  • 貧血検査(貧血の既往歴を有する者、または視診などで貧血が疑われる者)
  • 心電図検査(高血圧や不整脈が疑われれる者)
  • 眼底検査(血圧または血糖が基準値以上の場合)
  • 血清クレアチニン検査(血圧または血糖が基準値以上の場合)
など

受診時の注意点

特定健康診断を受けられる方は特定健康診査受診券や後期高齢者医療健康診査受診券などの受診券をお持ちください。