お子さまの治療を幅広く行います

お子さまの治療を幅広く行います

子どもは、季節の変わり目や気温の変化などのちょっとしたことで、すぐに体調を崩してしまいます。先ほどまで何ともなかったのに、突然様子が変わり、慌ててしまうこともあるでしょう。しかも、赤ちゃんや幼児は、病気の症状をうまく言葉にして保護者や周囲の大人に伝えることができません。

そのような時は当院までお気軽にご相談ください。
地域のお子様の「かかりつけ医」として、お子様と保護者の方のお話をじっくりお聞きしたうえで、やさしく丁寧な診療をいたします。また、病気だけでなく、健康上の不安、予防接種、育児などについても遠慮無く、ご相談ください。子育てをトータルな視点で、ご支援いたします。

※詳しい検査や入院加療が必要な場合は、周辺の地域連携病院へ、また、耳鼻咽喉科や眼科、外科等にかかわる疾患が疑われる場合は、それぞれの専門医をご紹介いたします。

このような症状の方はご相談を

  • 高熱(概ね38℃以上)が出た
  • 水を飲んでくれなくて、おしっこが出ない
  • 嘔吐や下痢が続いている
  • 顔色が蒼白になっている
  • なんとなく元気が無い
  • ぐったりしている、意識がはっきりしない
  • けいれんを起こした
  • 咳や鼻水が続く
  • 機嫌が悪い
  • うんちに血が混じっている、色がいつもと違う
  • 泣き方がいつもと違う
  • 呼吸が苦しそう
など

子どもによく見られる症状

発熱 せき 痰 鼻水 鼻づまり 
のどの痛み のどがゼーゼーする 
ひきつけ 腹痛 嘔吐 下痢 便秘 
肌に湿疹が出た
肌がカサカサしている 
泣き方がいつもと違う 
何となく元気がない 顔色が悪い 
食欲がない 機嫌が悪い
おねしょ(夜尿症) など

全ての小児予防接種に対応します(要予約)

全ての小児予防接種に対応します

当院では、お子様が受ける各種予防接種を行っておりますので、お電話で予約の上、お越しください。(ご来院の際には、予防接種予診票、母子健康手帳、健康保険証、小児医療証、診察券(すでに当院を受診中の方)などをお持ちください)。

※万一の副反応に備え、接種後30分程度は当院の近くに留まっていてください。(待合室が密になってしまう関係上、院内での経過観察は現在行っておりません。)通常、接種当日もいつも通りの生活をして構いませんが、激しい運動は避けます。接種後、体調の変化が見られた場合は、すぐに担当医までご相談ください。

予防接種のスケジュール管理も行います

現在の日本には数多くの予防接種があり、いつ、どのような接種を受けたらよいのか戸惑われる保護者の方も少なくないと思います。予防接種のスケジュール管理は、一般の方には少々難しいものですが、当院では、お子様一人ひとりの個別ワクチンスケジュールも作成いたします。この計画に基づき、すべての定期予防接種を忘れずに受けることが出来ます。